« 顔 | トップページ | 拍子抜け »

2004/09/26

青空文庫

 青空文庫っていうサイトがあるんですね。没後50年を経過し、著作権の切れた著書をテキストで全文掲載しているサイトです。運営というページに青空文庫の提案というのがあります。

電子出版という新しい手立てを友として、私たちは〈青空の本〉を作ろうと思います。
 青空の本を集めた、〈青空文庫〉を育てようと考えています。
(中略)先人たちが積み上げてきたたくさんの作品のうち、著作権の保護期間を過ぎたものは、自由に複製を作れます。
 私たち自身が本にして、断りなく配れます。
 一定の年限を過ぎた作品は、心の糧として分かち合えるのです。

 私たちはすでに、自分のコンピューターを持っています。電子本作りのソフトウエアも用意されました。自分の手を動かせば、目の前のマシンで電子本が作れます。できた本はどんどんコピーできる。ネットワークにのせれば、一瞬にどこにでも届きます。(以下略)


 このサイトに行けば、かの文豪、夏目漱石の作品や太宰治の作品、宮沢賢治のほぼ全てが読めてしまうのです。でも、正直言って、没後50年を過ぎた文豪の作品をパソコンで読もうとは全く思わない。やはり表紙が着いた文庫本や解説が付いた本だから良いのであって、ただの文字の羅列に思えてきます。文字の羅列には、いくつか対策もあって、縦書き変換するような専用のブラウザソフトも有料で提供しているみたいです。

 一番たいへんな文字の入力作業をボランティア活動(?)みたいな形で募集していて、形となったテキスト文書は、青空文庫上では無料で公開しながら、いろんな形でコンテンツを有料で販売している訳です。これって、某公共放送のやり方にソックリじゃないですか?番組は基本的に視聴率で作成して、HITした番組はビデオや書籍などいろいろな形で販売する。
 そんな訳でこのサイトを知って少し厭になった僕です。インターネット上に公開されたテキスト小説が話題になることがありますが、あれはやはり同時進行の面白さでしょう。先日のアテネオリンピックでの生中継を見るときの興奮と録画画像を見るときでは段違いです。まー検索用には、良いでしょうか?坊ちゃんの有名なセリフは何だったかとか、存在意義だけは認めよう。

9月 26, 2004 書籍・雑誌 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/1529829

この記事へのトラックバック一覧です: 青空文庫:

コメント

こんにちは。

青空文庫は「いろんな形でコンテンツを有料で販売」などしていません。それらは青空文庫で無料で公開されているものを、他の人が付加価値を付けて売っているものです。また、「専用のブラウザソフトも有料で提供している」のも、青空文庫ではなく、ボイジャーという会社です。青空文庫とは縁の深い会社ではありますが。

だから、青空文庫も一部であるような電子テキスト流通の仕組み全体をNHKみたいと評するのはある程度あたっているかもしれないけど、青空文庫そのものは、全くNHKのような「やり方」をしているとは思えません。そこらへん、誤解していらっしゃいませんでしょうか。

名前: うに | 2004/10/01 12:45:48

 このコメントを読んだときに、どんなコメント返そうかあれこれ悩みました。問題があるとすれば、「いろんな形でコンテンツを有料で販売している訳です」の部分ですよね。ここは、「・・販売されている訳です」にすべきでした。それから、「HITした番組はビデオや書籍などいろいろな形で販売する」の部分ですが、ここの主語は(某公共放送は)ではありません。しいて上げるなら、(子会社や関連会社は)です。
 正直言って、僕のBLOGでは論争とかしたくありませんし、誤解を与えたり、不快に思う部分があったなら謝ります。この青山文庫の記事で書きたかったことは、「青山文庫は暴利を貪っていて、ケシカラン!」という内容ではありません。確か、2001年(?)くらいまでの収支決算とかも載っていて、広告収入とかで運営されてますよね。そうではなくて、僕が言いたいことは、「没後50年を過ぎた作家の作品をHPに掲載し無料で公開することが、有意義何だろうか?」という点なんです。これはテキストとして打ち込む行為も含めてなのですが・・。長いコメントになりました。

名前: snow_slow_snow | 2004/10/02 14:17:52

私も論争をするつもりで書いたわけではないのです。言葉が荒かったでしょうか。すみません。
私自身は、紙という媒体にこだわりがないので、なかなか手に入らないような本が復刻されている青空文庫、とても楽しんでいます。

名前: うに | 2004/10/04 9:38:35

最近、直木賞や芥川賞を受賞した作品でも廃刊となった本が多いと聞きます。確かに、そのような貴重な本が、「青空文庫」という形でも、復刻できたなら価値あることだと思います。コメントありがとうございました。

名前: snow_slow_snow | 2004/10/06 21:27:19

コメントを書く