« ライブドアか楽天か | トップページ | ビンラディンのメッセージ »

2004/10/30

世界の中心で無事を祈る。

 イラクで拘束された香田さんの安否が、二転三転しています。とりあえず、米軍が香田さんらしいと判断した遺体が別人と判断されてホッとしている僕です。昨日、母節子さんや兄真生さんの会見見ました。その言葉の一字一句にとても感動しました。正直言って、褒められたことをしたとは思えない証生さんの行動に対し、見事にフォローしたコメントであり、家族の絆を感じさせるコメントだったからです。
家族 疲れと焦り イラク邦人人質

 香田さん決してまだ助かった訳ではないです。今日のマスコミの動きや政府の動き(午前4時の記者会見)を見ていると、どんな形でも早く決着付けたいという本音が見えてしまって、あなたは本当に日本人なのですか?とか、これが日本国家なのか?と言いたくなりました。
 
 もしも、神風が吹いて、香田さんが助かるとしたら、それはイラク人の日本人への畏敬でしょうか。イラク人て、広島・長崎の原爆の被害を受けながら、アメリカに次ぐ経済成長を遂げた日本人にアジア人として、畏敬の念を持っているらしいのです。そうは言っても、国や日本国民が、何らかのアピールしなければ、やはりダメでしょう。世界の中心ではなく、端っこかもしれいけれど、証生さんの無事が確認されて、節子さんや真生さんの家族の安堵する表情を見たいと心から思っている僕です。
 

10月 30, 2004 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/1812493

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で無事を祈る。:

コメント

コメントを書く