« 寒い朝 | トップページ | 秋桜(コスモス) »

2004/10/09

おれおれ詐欺と情報流失

 カミサンが勤務する歯医者さんに、「おれおれ詐欺」で80万円被害に遭ったという患者さんが来たそうである。その患者Aさんの話では、次のような成り行きで騙されてしまったそうです。

 まず、AさんのところにBさんの代理人で弁護士であるという男から電話があったらしい。その男は、「あなたの娘が、最近、交通事故を起こし、Bさんにたいへん迷惑をかけている。早めに示談を行った方が良い。」という風な電話だったそうです。この電話を受けて、Aさんはまず、これはおれおれ詐欺ではないか?と思ったそうです。Aさんは、「誰に電話かけているんだ。俺の名前知っているのか?」と訊いたそうです。するとAさんでしょうと、アッサリ答えます。それでも怪しいと思ったAさんは、じゃあ娘に確認するからと、男の連絡先を聞いて、一旦、電話を切ります。

 嘘だろうと思いながらも、東京で一人暮らしをする女子大生の娘の携帯に電話したそうです。そして、事故のことを訊いてみると、あっさり交通事故を起こしたことを認めます。これで、あの電話は本物だったんだと思ったそうです。ここで、Aさん事実を確認したものだから、詳しい事情など聞かずに、電話を切ります。

 それから、事実だと知ったAさんは、男に連絡取ります。示談および示談金の話になり、被害者であるというBさんの関係者、数人から連絡があったそうです。示談金を払う決め手になったのは、ヤクザ風な男から電話があり、「今すぐ示談金振り込まないなら、娘をソー○ランドに売るぞ!」という脅し文句だったそうです。娘に危害があっては大変だと思い、すぐに銀行に振り込んだそうです。

 後に、再度、娘に確認すると確かに交通事故を起こしたけれど、そんなに大きい事故じゃないし、第一、事故処理については、保険会社に全部一任していて、今のところ相手からも特にクレームなど来ていないという内容だったそうです。Aさんの推測によると交通事故の情報が恐らく、保険会社等を通じて流失し、詐欺グループの元に入ったのではないかといいます。これもAさんの話では、おれおれ詐欺に関わった保険会社の社員が逮捕されたなんて例もあるそうです。

 おれおれ詐欺って、すでに今年の被害額が8月までで100億円を突破したそうです。これじゃあもう、産業ですね。おれおれ詐欺がここまで、被害が大きくなっているのは、実は上の例のような「情報流失」が背景にあるのではないかと思う訳です。許せないですね、おれおれ詐欺もだけれど、情報流失の方も・・。

※以上全てカミサンから聞いた内容です。事実等は全く確認していません。Aさん自体が、ペテン師であることも悲しいかな可能性として否定できません。

10月 9, 2004 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/1631992

この記事へのトラックバック一覧です: おれおれ詐欺と情報流失:

コメント

おはようございます。
私にも「おれおれ」電話が2回かかってきました。
自分では私は騙されない!と思っていても
騙されてしまう時には騙されてしまうのでしょうね。
やっぱり情報流失が問題だと思います。
私のうちにもよくセールスの電話がかかってきます。
「どうして電話番号がわかったのですか」と聞くと
「番号順にかけています」と言われます。
不思議なことに私が買いそうな商品についての電話です。
自分の情報なのに誰か知らない人の手に渡っているかもしれないという事実はとても怖いです。
できることから自衛していこうと思います。
では、また!

名前: chiiko | 2004/10/10 8:49:46

「おれおれ」が2回ですか。被害に遭わなくて良かったですね。昨年、おれおれ詐欺が話題になった時には、孫を装うような幼稚なものが多かったと聞きますが、非常に手が込んできて、どうしてそんなことを知っているんだろう?と思うような手口が多いと聞きます。
個人的な話ですが、いろんなお店の会員証とか、ポイントカードの類も、本当にメリットのあるもの以外は、控えようと思う僕です。

名前: snow_slow_snow | 2004/10/11 10:08:46

コメントを書く