« ボジョレー君 | トップページ | ボージョレー君2 »

2004/11/20

起業について

hototogisu.jpgホトトギス

 サイバーエージェント社って何だか凄い名前の会社ですね。どこかで聞いたことがあると思ったら、ターミネーターという映画で、ロボットを作った会社がサイバーダイン社という名前でした。でも、その位、インパクトのある名前です。その会社の社長さんが自ら執筆するBLOGが渋谷ではたらく社長のblogで、YEOという記事はなかなか興味深いものでした。

 要約するとYEOという若手起業家の会合に出席したら、その会合には元社員が二人出席していて、「個人的には若い起業家を応援したい。でも会社としては優秀な人材に辞められる会社では困る。かといって、夢のない会社に優秀な人材は入ってこない。」と複雑な心境であると、書いてありました。
 どこの世界でもいっしょなんですねという感じです。僕の小中高の同級生で、総合病院の医師から今年、開業して開業医になった友人がいて、その総合病院で放射線技師を勤める後輩の話では、「優秀な医師は、どんどん開業しちゃって若い医師とか、あんまり人気のない医師だけになっちゃうんですよ。」とぼやいていました。

 起業して、自分のやりたかったビジネスを自分のやり方でやるって、とても夢のある話です。僕は小心者だからそこそこお金がもらえて、自分のやりたい仕事がほんの少しでもできたら満足してしまうタイプらしいです。逆に、やりたくない仕事ばかりしなくてはならない場合は、確かにしんどいですね。そんな経験も僅かにあります。僕が就職したときには、まさにバブルの全盛期で誰でも大企業に入れる時代でした。

 今現在、10人ほどの小さな事務所にいて、上からはいろいろ指令が来るもののこの位の規模の事務所って、和気藹々でとても快適な環境です。宝くじでも当たって、SOHOなら考えても良いかなと思ったりします。その前に使える資格を何か取らねば・・。
 

11月 20, 2004 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/2012314

この記事へのトラックバック一覧です: 起業について:

コメント

コメントを書く