« ポスコミ | トップページ | サンタさんの空間移動 »

2004/12/24

1998年のクリスマスイブ

tatsuro

クリスマスイブですね。クリスマスイブと言っても、あまりロマンチックな想い出がありませんが、一つだけ忘れようと思っても忘れられないのが、6年前の1998年のクリスマスイブです。その時カミサン妊娠していまして、しかも臨月になっていました。予定日は確か、12月28日頃でした。クリスマスイブの午前5時頃、自宅で眠りについていると、

カミサン「パパどうしよう、生まれそうなの。」
僕   「マジかい?それじゃあ病院に行かなくちゃ。」
カミサン「病院に電話しておかなくちゃ。」

それから、大慌てで病院に車で駆けつけました。今日のようにうっすらと積雪があったと記憶しています。自宅から病院まで15kmほどの距離でしたが、約20分ほどで到着しました。病院に着くと、助産婦さんとかが待機していました。助産婦さんが産道を確認すると、「やばいもう足とか出ている。先生早く呼ばなきゃ。」なんて言います。もしかして逆子かいな?病院についてから、20分ほどで、出産しました。カミサン、超スピード出産タイプ(安産?)らしいです。逆子だったとは聞いていないから、普通に生まれたみたいです。クリスマスイブとバースデイが重なっただけの話ですが、おかげでバースデイケーキ1個とお誕生日プレゼント1個省略(?)できます。

そんな訳で、今日は長男の6才のバースデイです。上の写真は3年前に長男を撮影した、ちょっと僕がお気に入りの写真です。今使っているバナーにも上部を一部分切り取ったものを使っています。長男の達郎は、サンタクロースさんは、誕生日にプレゼントを持ってきてくれる人だと思っています。

12月 24, 2004 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/2357340

この記事へのトラックバック一覧です: 1998年のクリスマスイブ:

コメント

コメントを書く