« 幸福の白いトラ | トップページ | 小洒落たレストラン »

2004/12/26

ラブシーン斬り!

ジョゼと虎と魚たち
ジョゼと虎と魚たち

ようやく年賀状、投函終了しました。まるで国民の義務を果たしたというか、国政選挙に投票してきた後というか、もやもやが晴れて、僕の心はとてもブルースカイです(笑)。

昨日、「ジョゼと虎と魚たち 」をDVDで見ました。前に「いま会いにゆきます」関連でBLOGを放浪していたら、どこかのBLOG(すいません、完全に忘れました。)で超感動した映画に上がっていたから、見てみようと思ったんです。見て思ったのは、障害者が主役級で出てきて、その障害者に対して、普通に恋して、普通に別れる主人公が妙にバリアフリーというか、爽やかな印象受けました。

garasuその障害者の女性が料理がうまかったり、知的だったりして、魅力たっぷりなんですね。少なくとも、主人公は同情はあんまり感じてないと思うし、最後にごく普通の理由で別れたところ評価したいです。あえて苦言言うなら、エロいシーンというかラブシーンが多いところですね。それさえなければ、小学生の子供達ともごく普通に、障害者を扱った映画をさりげなく教育的な映画として見られた気がします。ギター侍風に言うなら、
でもアンタ、不必要なエロ大杉ますから、残念。
ラブシーン斬りーーーーーー!

追伸.どうでも良いけれど、この映画の重要なシーンに出てきた擦りガラス、わが家で今も使っているものといっしょでした。

12月 26, 2004 映画・テレビ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/2383585

この記事へのトラックバック一覧です: ラブシーン斬り!:

コメント

コメントを書く