« 腰が・・・ | トップページ | 今度は風邪が・・。 »

2005/05/19

再び列車事故のことなど

前回の列車事故のことなどを書いた時点では、ハインリッヒの法則を地でいく列車事故だと思っていた僕です。

しかし、その後の調査で、JR西日本の体質そのものに問題があったことがわかってくるとどう見ても擁護する気など起こりません。JR西日本の売りが「スピード」と「利便性の向上」だったというじゃないですか。この2つにブレーキをかけた社員は、日勤教育と呼ばれるイジメ教育をされる。だいたい、労働組合のある会社で日勤教育なんていうものが、制度として許されること自体信じられません。なんのための労働組合なんでしょう?現に、この制度により自殺者もいたというじゃないですか。

この事故は、JR西日本が合理化路線に走りすぎて、国鉄の民営化後の最大の弊害(失策)だと思っています。それでは、郵政民営化はどうなんでしょう?僕は、総論賛成、各論反対(?)みたいな感じですが、JR西日本の失敗を教訓として、極端な合理化路線にだけは走ってほしくありません。

5月 19, 2005 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/4190029

この記事へのトラックバック一覧です: 再び列車事故のことなど:

コメント

始めましてsnow_slow_snowさん
本当に JR西日本だけの体質の問題でしょうか?私は国鉄の民営化当時の付けが 今回来たような気がします。国は 国会議員や官僚が 良く利用する首都圏には多額の財源を民営化前に 国費でつぎ込み国会議員や官僚の利用の少ない地方の路線は民営化後のJRに負担させた為ではないでしょうか。
郵政民営化でも似たような物だと思います。
民間企業は 営利目的で活動しているため赤字の出る事業は 切捨てられます。宅配便などは離島などの地域は配達してくれませんしその様な赤字地域に配達する場合は郵便を利用している宅配業者もあると聞きます。上部管理職の官僚は 実害が 出てからしか 動かないし結局 被害を被るのは 赤字地域を管轄する最下層の職員や利用者では!
実際民営化の議論の時メリットは言ってもデメリットは言わない国の責任の方が 大きいと思います。まぁ どっちにしろ 郵政も道路公団も形だけの民営化に成り今よりサービスが悪くなっても良くはならんだろうし JR西日本もあまりかわらないのでは

名前: Iwasaki | 2005/05/20 22:12:36

Iwasakiさん、レスが遅れてすみません。
よく言われることですが、国鉄の民営化と郵政の民営化は、かなり意味あいが違いますね。国鉄の場合、公社のままでは経営合理化できなくて、細分化し、一部の赤字ローカル線は廃止または、第3セクター化されました。そういう中で、JR西日本のような会社は、誤った合理化路線に走りすぎた結果が今回の事故に繋がったものと考えています。しかし、国鉄のままで今でも良かったのかといえば、さらに赤字が膨らんで、極端な話、今頃は新幹線と首都圏の黒字路線だけになっていたのではないかなどと想像してしまいます。JR東日本以外のことはあまり知りませんが、赤字路線にSLを走らせたりして、地域活性化に貢献していると思います。

郵政民営化の目的は、日本の預貯金の半分を占める郵貯の使途の透明化をはかることだと思います。Iwasakiさんがおっしゃるように郵便事業は郵政事業の柱だと思います。これだけは、合理化してほしくありません。

名前: snow_slow_snow | 2005/05/24 21:27:40

snow_slow_snowさん 丁寧なレス有り難うございます。
私の方は あまりJR東日本のことは知らないのですが JR西日本の京阪神地区 特に阪急電鉄や京阪電鉄と競合している路線は 民営化された時から JRは不利な条件から始まっています。民営化当時 私鉄(阪急や京阪)の線路幅は広くて揺れが少なく乗り心地が良かったのに対して JRは 線路幅が狭いため車内は狭く 揺れもひどかったのを 覚えています。
又 山陰線や奈良線・片町線・福知山線などは 電化されていなくて単線でした。 それに対して関西の私鉄は 全線電化されてましたし運賃もJRより格段に安かったです。
現在では 合理化から言えば 関西の私鉄の方が 断然JRより進んでいますし 駅の施設などもほとんどが 自動化されています。又 ほとんどの区間で JRより私鉄の方が 料金も安く 区間によっては3割から4割の料金格差が有り JR西日本の経営が スピード重視に成ったのは 無理も無い状況だったのかもしれません。
JR東日本の首都圏での私鉄との競合路線などの状況がわからないので比較は出来ませんがsnow_slow_snowさんから見て JR東日本はどうでしょうか 私は 国鉄からJRへの民営化のやり方が 少し間違っていたのでは無いかと思います。郵政民営化してほんとうに 郵便貯金の使途の透明化が出来るのでしょうか
逆に国の事業以外(民営化された道路公団等)に貸付が簡単にしやすくなるのでは どっちにしろ上層部の官僚的な部分は抜け切らないし
郵政事業自身は赤字ではなく黒字であるから逆に透明にしなければならないのは 道路建設など官僚や国が借りて使う金の流れのほうではないでしょうか 又郵政にかかわっている職員の人件費は ほぼ税金ではなく郵政事業の収入で いけているし 郵便貯金での損失は国家事業(政治家や官僚の作った施設など)で使われたものだし 逆に郵便貯金よりも そのお金を 使うほかの省庁のお金の流れを 透明する方が 大事なのではと思います。

名前: Iwasaki | 2005/06/05 7:16:42

Iwasakiさん、レス遅れましたが、長文の書き込みありがとうございます。
私鉄の線路幅の方が広かったのですね。鉄道に詳しくないので、そんなことも知りませんでした。JR西日本てドル箱路線がない中で、スピード化や経営合理化で、私鉄に対抗し、事故さえなければ、経営面では優等生だった訳ですが、スピード化や経営合理化、日勤教育などそれ自体が、事故を招いた可能性も大いにあった訳で、司法の場でも争点になると思われます。

郵政事業ですが、ついこの間まで速達でも翌日配達だったものが、今は当日配達もできるようになってビックリしました。電話料金が少しずつ値下がりしたように、郵便局にも企業努力してほしいです。

名前: snow_slow_snow | 2005/06/11 10:10:18

コメントを書く