« 野球ストレス・・巨人・楽天・ヤンキース | トップページ | Dance and ダンス »

2005/05/05

列車事故のことなど

JR西日本の事故から10日経ったんですね。鉄オタクの後輩は、「あの会社はJRボロ日本と言われる会社だから・・。」と言っていたけれど、JR西日本て従業員3万人以上の巨大企業なんですね。今朝の新聞で知りました。

事故原因は速度超過が主因とみられていますが、「1件の重大災害(死亡・重傷)が発生する背景に、29件の軽傷事故と300件のヒヤリ・ハットがある。」と言われるハインリッヒの法則を地でいく災害だったんでしょう。首都圏では1両目の車両の乗車が少なくなっているとか、事故後のオーバーランが相次いでいるなんていうニュースも聞こえてきますが、安全対策をきちんと行って、平穏を取り戻してほしいものです。ところで、普段、新幹線などで定位置停車ってあたり前のものだと思っていたら、これがかなり難しいものなんですね。そういえば、ゲームセンターで行った電車ゲームで、500mくらいオーバーランした記憶あります。

新聞に載っていた元運転士の話では、「電車を停止させる際、最後の瞬間、車体が揺れる現象が起きる。そのため揺れを防ぐ目的でブレーキを少し緩めるが、タイミングが少しでもずれるとオーバーランの可能性が出てくる。気象条件や車両の調子などささいな要因でも起きることがある。」らしいのです。20m以上のオーバーランで訓告処分というのは、結構厳しい処分ですね。普通にできるのが当たり前という世界って厳しいです。毎日失敗しないかどうかビクビクで戦場みたいになっちゃいます。先日、久々電車に乗ったときにたまたま先頭車両で、運転士さんが踏切とか安全ポイントで、手差し確認とか声に出して安全確認して運転していたこと憶えています。

先日の新聞には、諸外国では5分程度の列車の遅れは日常的だというような記事が出ていましたが、そんな当たり前のことがめったに起こらない日本の鉄道はなんて優秀なんでしょう。それから、今日の新聞には、事故当日のボウリングの話とか、事故列車に乗りあわせていた運転士が救助しなかった話とかが載っているけれど、少なくとも後者は間違っていないんじゃないかしら。上司に連絡して指示を仰いだわけだし、この運転士たちのこの日の行動とても気になります。平常通り運転できたのかそういうことです。

5月 5, 2005 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/3990083

この記事へのトラックバック一覧です: 列車事故のことなど:

コメント

コメントを書く