« ステップトレーナーの効果 | トップページ | そうかな »

2005/08/23

リセット願望

0508230146

刺客の候補者選びとかホリエモンの選挙出馬とか、とにかく今回の選挙戦、小泉首相のペースで、進んでいますね。「郵政改革」だって、ブラックボックスな郵貯の使い道が明確になったり、1兆円以上ともいわれる郵便局の法人税収入が発生するのは大賛成ですが、郵貯や簡保をうまく投資できるのか?とか外資に国民資産が乗っ取られるのではないかなどと不安に思っていて、いったいこの選挙、どこの政党に投票しようか、決めかねている凡人です。

そんな中、今週号のAERANo.45の「男の本音・女の本音」掲示板のリセット願望というアンケートを元にした記事は、僕のアンテナにかなり響く記事でした。アンケートの内容は、「生まれ変わっても、今の配偶者と一緒になりたい?」というものですが、意外や意外、なりたいという人が男性と女性ともに、別の人がいいを圧倒していました。

今の配偶者を選ばなかった男性は「今の妻で不満はないが、別の人もいいかなと思うことある」というのに対し、女性では「もう結婚はこりごり」「結婚はせず、子供だけいればいい」というものが多かったそうです。僕はといえば、せっかくリセットできるなら別の人と全く違う人生にしたいですね。いつも脳内パラレルワールドしている僕が言うのもなんですが、皆さん夢なさすぎです。

dasbeda というかこの記事を紹介した理由は、リセット願望というその言葉そのものです。リセット大好きです。最近、ダイエット始めた理由は、お腹が出て中年道を歩み始めた自分をリセットしたかったからに他なりません。そう思ったら、今回の解散総選挙はなんて素敵な「リセット」する機会なんだろうと思えてきました。小泉郵政改革とか小泉構造改革なんていう甘い言葉に惑わされてはいけません。小泉(ダースベーダー)首相は、アメリカ帝国のブッシュ皇帝の使用人で、何もNOといえないし、年金改革だって先送り決定しているじゃないですか。断じて、リセットできる方を応援すること決めました。

少し蛇足だけれど、今週号のAERAの記事かなり切れた記事多いです。小泉劇場「わが闘争」の最終幕の中の「小泉劇場はすごい、きっと頭の中でワグナーの交響曲が鳴っているんだろう。」という自民党有力者のコメントなど、最近の小泉さんの行動を端的に言い表しています。それからスキージャンプの原田雅彦のインタビュー記事もいい!<左ジャブの力をつけよう>右利きのボクサーが左のジャブを軽んじると、右のパンチは効かない。ジャンプも同じだ。..なんて奥深い言葉です。AERA編集部も夏休みとって、気分をリセットできたからでしょうか。

最後に昨日は、長女の誕生日でした。蝋燭の数は、長女の年齢です。子供の夏休みが残り2日になりました。それが宿題の切り絵とか作文とか残っていて、もう大変です。間に合うのだろうか?というか、かなり手伝わなくてはいけないみたいです^^。

0508220141

2005.08.24追記:愛読している「週刊!木村剛」が民主党応援記事(?)を書いていたのでTBします。

8月 23, 2005 書籍・雑誌, 経済・政治・国際 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/5594969

この記事へのトラックバック一覧です: リセット願望:

コメント

コメントを書く