« 可愛いけど凄いやつ | トップページ | 5キロ痩せた^^ »

2005/08/13

町の電気屋さんのこと

居間で使っているエアコンが壊れました。風は出るのに涼しくない。それで町の電気屋さんを呼んで、調べてもらったら屋外にあるファンが回っていません。ファンは修理に出せば直るかもしれないけれど、それなりに費用がかかるし、メーカー持ち込み修理だから、お盆を挟んでかなりの日数がかかるし、この機種はT社のもので、N社の特約店の電気屋さんに頼むのもお門違いです。

それで、選択したのは壊れたエアコンをリサイクルに出して、N社のエアコンを買うことです。残暑もまだまだありそうだし、それにこの電気屋さんから電化製品を一つ買いたかったのです。電化製品、ほとんど全てのものを量販店で買っています。その理由は安いからにつきますが、好きなメーカーを選べたり、品揃えが豊富なことでしょうか。

でも、町の電気屋さんじゃないとできないこともあるんです。2ヶ月ほど前も、突然BS放送が見られなくなり、パラボラアンテナ等の調整、この電気屋さんに頼みました。こういう場合、やはり量販店で買った製品ばかりだと何だか気がひけます。

エアコン代は、取付量、リサイクル代など含めて、量販店と比べると1万円ほど割高な価格ですが、お願いすることにしました。取付工事が修理が終了し、実はテレビの写りが悪いんだけれれどと相談すると、
「アンテナ端子をフィーダー線から同軸ケーブルに交換しましょうか?高価なエアコン買ってもらったからサービスしますよ。」
ということで、同軸ケーブルに交換すると映りの悪かったUHFテレビが超キレイ!思わず目からうろこが出るところでした。画面写りが悪いのは、近くに障害物があるからだとばかり思っていました。同じようなことを他の2室でもサービスしてもらって、僕の両親など大満足です。やっぱり町の電気屋さんからもたまには電気製品買うべきだなと思いました。

8月 13, 2005 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/5444935

この記事へのトラックバック一覧です: 町の電気屋さんのこと:

コメント

コメントを書く