« 霧降高原へ | トップページ | 新しい町 »

2005/09/29

優れたCPU

会社をパソコンに例えるなら、社長はCPUで、取り締まりや部長はメモリーやHD、平社員はキーボードやマウスであるという記事を前に読んだ記憶がある。会社に限らず、組織ならそういうこと言えると思います。自民党などは、小泉総裁がCPUで、CPUが優れていれば、それだけで企業価値や選挙に大勝できます。民主党の前原さんはどうなんだろう?本格的なSLお宅なのは知っているけれど、民主党を政権与党あるいは二大政党に導きだせるのだろうか。期待できそうな感じもするし、改憲論者であるところとか自民党と呉越同舟の間違った方向に行ってしまうのではないかと、なんだか心配になります。

宮城知事選 前県総務部長の前葉氏が立候補へ - 河北新報 - 東北

偶然見つけたこの記事ですが、前葉さんというのは、現在、公営企業金融公庫企画課長であった、総務省出身のキャリア官僚です。朝野知事が引退することで、新しいCPUを探したところ、前総務部長を務めた前葉さんに白羽の矢が立ったということでしょう。

総務部長から知事への転身は、そんなにおかしなことではないと思えるけれど、課長から知事への転身て思うと凄い転身です。この前葉さん偶然にも民主党の前原さんと同じ43才で、名前も良く似ています。読みは”まえば”さんで良いんだろうか。前葉さんにしてみれば、政務次官を目指すキャリアレースから、ふってわいたように一国一城の主になる千載一遇のチャンスであり、これを活かしその成果次第では、細川元首相のように国政にも転身できるかもしれないのです。

とりあえず朝野知事を始め、周囲に優れたCPUであることを認められているんでしょうね。その能力を十分に発揮されることを期待したいです。話題は変わるけれど、楽天ゴールデンイーグルスのCPUに野村さんが就くそうです。これは随分古いCPUを持ってきたもんだなと思いました。それは別として、トップに立つ人は、能力のみならず経験豊富で人生の機微に通じた人材になってほしいとキーボードを叩きながら思っています。

9月 29, 2005 ニュース, 経済・政治・国際 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/6166744

この記事へのトラックバック一覧です: 優れたCPU:

コメント

コメントを書く