« 2006年の年賀状 | トップページ | キアヌ・リーブスのコンスタンティン »

2005/12/09

食品安全委員会

mission_figure_01

米・カナダ産牛肉の輸入再開容認、食品安全委が答申

 内閣府の食品安全委員会(寺田雅昭委員長)は8日、BSE(牛海綿状脳症)感染牛が確認されたことを機に2003年から輸入が禁止されている米国・カナダ産牛肉について、輸入再開を容認する答申を農林水産・厚生労働両省に提出した。

 両省はこれを受け、12日に再開を決定する見通しで、早ければ年内にも米国産の牛肉や牛肉メニューが店頭に並ぶことになりそうだ。

 答申は、昨年10月に日米両政府が合意した「脳などの特定危険部位を取り除いた生後20か月以下の牛肉」などを条件に、再開を認めた。同委員会のプリオン専門調査会が今年10月末にまとめた米・カナダ産と国産牛の感染リスク(危険度)の差が「非常に小さい」とする答申案をほぼ原案通りに承認した形だ。

 しかし、国内では米国産牛肉の安全性に依然、不安の声が強く、答申案でも、条件が守られない場合は「いったん輸入を停止することも必要」としている。こうした意見を踏まえ、同委員会は両省に対し、<1>(米国、カナダが)「輸出プログラム(基準)」を順守するよう万全を期す<2>順守状況の検証結果を委員会に適宜、報告する<3>検証結果などを国民に十分に説明する――とする要望を付け加えた。(読売新聞)

とうとう出ましたねという感じですが、例の構造偽造事件の国会尋問とかのニュースに隠れて扱いが小さいです。食品安全委員会の答申よりも、12日にも予定される農水・厚生の再会発表の方が扱い大きいのでしょうか。

それにしても、米・カナダ産と国産牛の感染リスク(危険度)の差が「非常に小さい」という部分は、積算根拠を含めて数字を上げて出してほしい部分だし、米国産牛肉の安全性に依然、不安の声が強く、答申案でも、条件が守られない場合は「いったん輸入を停止することも必要」としているのは、やはりリスクがあるんじゃないですか?といいたい部分です。

BSEに感染している牛肉を食べた場合の感染リスクって、どの位なんだろうと思っている僕ですが、実際にはいろんな加工食品に牛肉の一部が使われていたりするから、知らず知らず輸入再会された米国産牛肉を食べているのが嫌です。

こんないい加減な判断をする食品安全委員会なんて即、解散した方が良いんじゃないと思っているのは僕だけでしょうか。

12月 9, 2005 ニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/7535899

この記事へのトラックバック一覧です: 食品安全委員会:

» 米国産牛肉の輸入再開(2) トラックバック ブログ界の正論
孤立する「消費者」 米国産牛肉の輸入解禁が決まった。口にするかしないかは、これまた消費者の自己判断にゆだねられることになる。「怖いから食わない」というスタンスの記事が多いように見受けられたが、直接的な反発の理由としてもっとも多かったのが、米精肉業界の検査...... 続きを読む

受信: 2005/12/11 11:56:20

» もーいいや!って、さー トラックバック ●マーケティング室よりトップマネージを目指すBlog●
この問題のそもそもが何だったのか 良くわからなくなってしまいましたね BSEが出たから一時的に輸入中止だったのか? アメリカ産牛肉は危険だから輸入中止をしたのか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ アメリカの畜産業界は... 続きを読む

受信: 2005/12/11 19:35:14

» 産地を偽るなよ トラックバック cafe STILL CRAZY
米産牛肉輸入解禁、消費者「安くてもためらう」 (読売新聞) - goo ニュース 焼き肉大好きのおいらには、肉は安い方がいいですけど 米国産は絶対に買いませんよ。 絶対なんて言い張りながら、実はなんとかプリオンやら 生後20ヵ月以前・以降なんて専門的なことは知りません。 でもグレーだからこそ、余計に不安が刷り込まれるってもんでしょ。 どうせ庶民はバカで白か黒だけなんだから、 嘘でもそれっぽく言われれば信用しちゃう。 そこを配慮してくれた... 続きを読む

受信: 2005/12/12 23:06:12

» 気にしないヒトは、別にいいさ トラックバック 逍遥録 -衒学城奇譚-
【BSE問題】 ぼでぃ(B)は、せくしぃ(S)で、えろてぃっく(E)の略。 戦後、アメリカから流入したものだが、ここ数年は規制されている。 しかし実際は、日本人には日本人の黄金率があり、好みはそれほど変化していないとの説も有力である。 男性ばかりか牛ま... 続きを読む

受信: 2005/12/13 2:33:38

» 私は、「吉野家」ではなく、「すき家」に行きます! トラックバック 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
「使いたいが使えない」 牛丼のすき家が見解発表 米国、カナダ産牛肉の輸入が2年ぶりに再開されることになった。内閣府の食品安全委員会の答申を受け、農林水産省などが禁輸の解除を決めた。近く、米国産牛肉が牛丼店で復活し、販売店の店頭にも並ぶことになる。 アメリ....... 続きを読む

受信: 2005/12/13 20:51:47

» 外務省にはBSE存在せず トラックバック 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
よく分からん米国産牛肉解禁を書いた後、念のために外務省の海外安全ホームページでBSEを検索したら、不思議なことに一つもヒットしなかった。 続きを読む

受信: 2005/12/14 20:48:23

» 米国産牛輸入再開に反対するアニメGIFの主張部分を募集します。 トラックバック 雑談日記(徒然なるままに、。)
 アニメーションGIFを作りたいのだが、作り方が分からない人のための僕自身の企画 続きを読む

受信: 2005/12/14 22:34:37

» 勝手にブロガー新聞 「米国産牛肉、どうすんのよ?」第4号 トラックバック スター・ウォーズ エピソード3を結局9回観た社長のブログ
プリオン病が細菌やウイルスの病気とどう違うのかちゃんと教えてもらっていなかったり、全頭検査をやることの意味を理解させてもらえなかった日本国民の皆さん、お元気ですか?勝手にブロガー新聞ももう第4号です。今回はQ&A形式でまとめてみました。 1.20ヶ月齢以下の...... 続きを読む

受信: 2005/12/15 10:53:24

» 勝手にブロガー新聞 「米国産牛肉、どうすんのよ?」第4号 トラックバック スター・ウォーズ エピソード3を結局9回観た社長のブログ
プリオン病が細菌やウイルスの病気とどう違うのかちゃんと教えてもらっていなかったり、全頭検査をやることの意味を理解させてもらえなかった日本国民の皆さん、お元気ですか?勝手にブロガー新聞ももう第4号です。今回はQ&A形式でまとめてみました。 1.20ヶ月齢以下の...... 続きを読む

受信: 2005/12/15 10:54:33

» 輸入牛肉再開を耐震偽装に重ねてみる トラックバック 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ
もう輸入再開されたのだが、基本的に兄やんが反対しているのは、現在の条件が安全に不安がある、ということだけではなく、その検査機関が機能するのか、全く信用ができないからである。 マンションの耐震偽造すらも見抜けない、検査機関がまともにチェックすることができな....... 続きを読む

受信: 2005/12/24 13:13:12

» 小泉劇場以後マスコミは「大本営発表」になった トラックバック 真夜中の国語辞典blog版
重要な問題はこそこそと閣議決定で決められていくわけですが、解禁に至る経緯のなかで、マスコミが延々と「米国産全頭検査拒否牛肉ごった煮ぶっかけ飯が食べられない」「米国産全頭検査拒否牛肉ごった煮ぶっかけ飯限定復活」等々といった報道を繰り返してきたのは記憶に残っ... 続きを読む

受信: 2006/01/01 20:53:27

» 信用できるものが何もない トラックバック 真夜中の国語辞典blog版ぞーぷす
この米国産全頭検査拒否牛肉輸入再開より前、国内で初のBSE感染牛発見のあたりで、各政党に食品表示のアミノ酸や牛エキスといった原材料不明の表示から具体的な表示に変更し、外食の厨房の調理器具や精肉段階での切断器具等の徹底管理(牛なら牛、鶏なら鶏等)を徹底指導... 続きを読む

受信: 2006/01/04 11:59:26

コメント

>知らず知らず輸入再会された米国産牛肉を食べているのが嫌です。

一番怖いのは、こういった経緯で私たちの口に入ることですよね。加工品だから、なにが使われているのかは、素人ではほぼ分からないと思います。

となると加工品をなるべく摂らない、食べ過ぎないっていう方法で絶対量を減らすしかないでしょうか。対策って。

考えすぎても、生活しにくくなるし、難しいところですね。

名前: おおいこ | 2009/01/02 18:44:25

コメントを書く