« ブラックボックスの恐怖 | トップページ | 途方もない現実。 »

2006/05/03

I'm afraid

YOUR EYES
I'm dreaming and in my dream, I see your dream,
They fill my heart with heaven
I'm flying and in the sky,
I see your eyes They answer all my longing for you
I've always lived my life in fantasy
No chance to take, no heart to break
But now you take my hand and,you make me understand
that two dreams, can join together

It's morning and as I wake, I see your eyes
They are my reason, they are my answer now
Because I love you The one who made my dreams come true
I've always lived my life in fantasy
No chance to take, no heart to break
But now you take my hand and,
you make me understand that two dreams, can join together
It's morning and as I wake, I see your eyes
They are my reason,they are my answer now
Because I love you The one who made
my dreams come true

(作詞 Alan’O Day)

山下達郎さんの僕が大好きな曲、「YOUR EYES」をだらだらと冒頭に掲載させていただきました。こういう行為は著作権上問題があると思うので、この記事はいつか消去するかもです。

というか、上の詩を掲載した理由は、僕の今の気分であることと、英文の日本語翻訳機能は今どのくらい何だろうと思ったことによります。翻訳については、Google翻訳なんかも試しましたが、まだまだですね。一方、日本語の英文、翻訳機能はなかなかみたいです。もっと頑張れ日本語翻訳という感じでしょうか。

ところで、僕が何をおそれているのかといえば、オートマチックな世界ですね。スパイ衛星や地上波デジタルテレビ、携帯電話、インターネットこれらの放送、通信網が行き過ぎてしまった末の非人間化社会、本当にこのままいけば、ターミネーターの世界に突入しそうです。監視しているつもりが実は、彼等に監視されていたなんていうこと十分ありえます。

対策は、個を解き放つこと、特に電磁波について注意が必要だと思います。馬鹿げた杞憂であってほしいです。

5月 3, 2006 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/9875901

この記事へのトラックバック一覧です: I'm afraid:

コメント

コメントを書く