« I'm afraid | トップページ | 大嫌いな腐れ縁 »

2006/05/03

途方もない現実。

0605030047

世の中に尊敬する人は、いっぱいいます。会社の上司や先輩にだっていっぱいいるし、同僚だって一目置いている人、数多いです。小説家なら「肉体の悪魔」を書いたラディゲとか、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の村上春樹さんとか、「ループ」の鈴木光司さん、「エディプスの恋人」の筒井 康隆さんあたりは、それはそれはかなり凄い小説を書いたなと思う作家さんですが、今は相当うらめしいです(笑)。

でも僕が一番癒される作家さんは、田口ランディさんです。今は「世界に抱かれるために」アマゾンで購入し読んでいます。というより斜め読みでしょうか。この本は、田口ランディさんがアメーバBLOGで書いていたものにたぶん加筆して本にまとめたものです。写真とタイトルがかなり格好いいですね。帯の「いったい何が起こっているの?-途方もない現実」というのを見てまさにその通りだよなと思っています。

今朝、ワイドショーを見ていて、突然CNNのニュースで、車輪が故障したアメリカの旅客機が無事に軟着陸したニュースの後に、アルメニア発の旅客機が墜落 したニュースと兵庫で、モーターグライダーが墜落したニュースを見たりすると、これは一連の連鎖じゃないのと思えてきます。兵庫の墜落は、豊岡市の近くで、先日のコ ウノトリが舞い降りたニュースとも妙にダブる映像だし・・。

「時空のサーファー」には、波に乗れとか書いてあるけれど、とてもそんな気分にはなれませんね。見えない力の威力を見せつけられている一人です。最後に田 口ランディというカテゴリー作らせていただきました。今現在、BLOGを閉じているんですよね。再会、待ち遠しいなあ、どんなメッセージでも良いからランディさんのものな ら素直に受けとめたいです。

5月 3, 2006 書籍・雑誌, 田口ランディ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/9882216

この記事へのトラックバック一覧です: 途方もない現実。:

コメント

コメントを書く