« 二つの”ありがとう” | トップページ | 梅雨前線停滞中 »

2006/07/08

昨日、森のレストランで

0607070121

今朝、2週間ぶりに息子と2kmのジョッキングしたらかなり身体が重く感じました。毎日、ジョッキングすればそれなりにコンディションは保てるのですが、しかし、長距離通勤者で毎日のジョッキングはつらすぎる。

昨日、仕事で森のレストランに行きました。道路にレストラン○○○○という看板が出ているのですが、そこから杉林の林道を抜けていくかなりおっかなびっくりな山猫軒のようなレストランです。いわゆる農家レストランで、食材はほぼ自給自足のオーガニック食品。また、主人がベジタリアンなので、肉料理や魚介料理は一切出ません。主人が食材を生産し、奥さんがレストランの料理担当みたいです。

お店は今のところ、完全予約制です。しかし、凄いライフスタイルですね。生まれ変わったら、こんな風に暮らしてみたいです。

0607070122

 そういえば、山猫軒のようなレストランには、4年前にも入ったことがあります。そこは那須にあってイタリア食堂という名前でした。今でもあるんだろうか?スローフードなレストランなのですが、とても楽しい体験でした。ぜひもう一度訪ねてみたいです。

 

2002.09.16

イタリア食堂

 連休を利用して那須高原・塩原温泉方面へ1泊で旅行に行って来ました。日光華厳の滝を見たいという秘めたる思いもあったのですが、カミサン始め子供達の猛反対にあい却下されました。  そこで、1日目は那須どうぶつ王国というテーマパークに行き、わんちゃんショーや鷹匠ショー、わんちゃんふれ合い体験してきました。ところで、連休の那須高原は大混雑、大渋滞です。どうぶつ王国から宿泊先の塩原温泉への県道もノロノロ運転です。黒磯市に入り、あまり人気のない別荘地にイタリアン料理店の看板発見。でも、店は県道からは見えず、看板には、200m奥と書いてあり、木立を抜けてさらに人気ない場所に行くみたいです。夕食込の宿泊を頼んでいたので、別に入ってみたかった訳ではなく、その店構えがまるで宮沢賢治の「注文の多い料理店」の中の山猫軒みたいだなーと思ったのでした。< /p>

 2日目。温泉旅館を楽しんで(温水プールもあってGoodでした。)、午前中は塩原温泉郷周辺を散策しました。ここは吊り橋で有名です。午後は那須高原の遊園地へ行こうということになりました。途中、昼食を取ろうと思い、道の駅を始め、2、3軒入ってみたのですが、どこも満員で30~40分待ちです。それで、昨日通った道を北上します。すると昨日、見たあのイタリア料理店発見。かなり、おっかなびっくりですがお腹が空いていたこともあり、入ってみることにしました。  この店は「イタリア食堂」という名前でした。看板通り、200mほど舗装していない木立の道を走ります。店の外見は、店というより普通の民家です。なんか静かで、お客さんはいるのかしら?という感じでした。でも、一歩中に入ったら、印象は一変します。

 まず20席~30席ほどある店内は、8割ほど埋まっています。そして中のインテリアはアートでセンスの良いものばかり。でも一番印象に残るのは、オーダー取りから配膳まで行う40才半ばくらいの店の主人です。一見インテリ風なのですがかなり小うるさい。僕らより後に来たお客さんが、デザートを頼もうとしたら、「たぶん、メインディッシュだけでお腹いっぱいになるから、デザートは頼まなくていいよ。」なんて言ってます。

 パスタや肉料理、ピザを頼みました。ここの特徴は、バイキング形式で前菜が選べるんです。これがなかなか美味でした。メイン・ディッシュは本場風というか、調味料やチーズのきついものもありましたが、僕が食べたパスタはGoodでした。ここは、流行の言葉でい言うなら、スローフードな店ですね。こだわりだけは痛いほど感じますし、30分以内で食べて出ようなんていう人が入ってはいけない店です。そうそう食べ残すと店の主人に怒られそうで、子供やカミサンが残した物を無理に食べました。なんか、また太った気が・・。

7月 8, 2006 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/10841731

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、森のレストランで:

コメント

コメントを書く