« 真夏の夜の夢 | トップページ | 上海帰りの友人の話 »

2006/08/26

高橋克彦ワールド

とても慌ただしい1週間でした。
早実-駒苫戦も日曜日は、事務所で仕事しながら、ときおり
テレビで経過を見ただけだし、再試合も
出張先からの帰途、カーラジオで後半の中継を聴いただけです。
子供の誕生日だったのですが、残業で祝ってあげられなかったし、
子供の夏休みが終わって始業式が昨日だったのですが、
宿題の手伝いもできませんでした。

つくばに出張に行ってきたのですが、
高橋克彦の小説フリークの知人と飲み会で盛り上がりました。
東北や北関東には、古代や奈良、平安時代の名所旧跡が数多くあるのに
地元の人はほとんど関心がないということです。
古戦場跡だとか柵だとか、時代小説フリークには興味つきない場所多いんです。
次は「炎立つ」読みますか。高橋克彦ワールドしばらく楽しめそうです。

8月 26, 2006 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/11611748

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋克彦ワールド:

コメント

コメントを書く