« 11月ですね。 | トップページ | 松坂のポスティングシステム »

2006/11/15

ぼくはくま

Kuma

今年って、夏頃から熊が里に降りてきたという話題のニュースが、かなり流れていますね。この話題って、全然、遠い話題ではなくて、わが家近辺ではそういう話題はないものの、近隣の市町村とか去年まで事務所のあった町などで、住宅街とか商業地に熊が出没したというニュースを聞いています。

何年か前は、どんぐりとかの餌が不足しているとかいう話があったけれど、今年も同じ理由なんだろうか。僕が思うのは、林道の開発などで、人間が山に入りやすくなった分、熊のいるところがなくなったとか、山と里の隔てがなくなったのではないかなどと思っています。

長い前振りでしたが、タイトルは、今、NHKのみんなのうたに流れている曲の一つなのですが、思わず、「何、この素朴な旋律?」と思ってしまいました。歌詞も童謡のようなとっても素朴な歌詞で、歌もとても素朴です。子供がいっしょに見ていて、これってあの人が歌っているんだよねと言います。誰だろ、僕が知っている人かなと思ったら、宇多田ヒカルさんの歌で、作詞・作曲も彼女でした。ええー、こういう唄いかたもできるのかと思いました。聞いた瞬間、子供が唄っているのかと思いました。

みんなにうたのバックのアニメーションもとても可愛いですね。なんというか絵的には、日本のアニメというよりもロシアのアニメみたいな感じですが、とても歌にマッチしています。

この曲、11月22日にCD発売され、この曲だけの公式HPもあるみたいです。動画サイトのYouTubeでは、みんなのうたの「ぼくはくま」が見られました。時代は進んでいるというか、大丈夫なのと思いますが・・。

しかし、癒し系のこの曲、CD発売後の2週間後には、「ぼくはくま くま くま・・・・」と口ずさんでいる人が多いのではないかと思っています。というか年末の忘年会シーズンのカラオケナンバーワンだったりして、とても癒される名曲です。

11月 15, 2006 映画・テレビ, 音楽 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/12693548

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくはくま:

コメント

コメントを書く