« 痕跡 | トップページ | なんだか最近僕のまわりで »

2009/04/11

渋川問屋

13

夕べは新しい支社の歓迎会で、気がついたら日付変更線過ぎまで飲んでいました。今まで、顔と名前は知っていても、半数以上の方がいっしょに飲むのは初めての人ばかりで、「この人はこういうキャラだったのね。」と思うこともあって、本当に楽しいひととき過ごせました。

歓迎会の場所は、渋川問屋という明治からの由緒ある海鮮問屋の蔵の内装を改築した営業している地元では名の知られた場所ですが、僕も入るのは初めてで、中に入ったら木造の廊下や階段などが漆塗りになっていて、昔の祝言を行うような場所でとても感動しました。誰かが2.26事件がどうのこうの言っていて、意味不明だったのですが、先ほどネットその意味わかりました。

渋川善助(しぶかわ ぜんすけ)
明治38年~昭和11年(1905~1936)2.26事件の首謀者の一人で唯一の民間人。会津若松市七日町の海産物問屋の長男に生まれた。陸軍士官学校予科に進み成績優秀であったが、陸士本科卒業目 前に教官と衝突し退学となる。その後上京し明治大学に学び、国家主義運動にかかわる。2.26事件に唯一の民間人として加わり、昭和11年に死刑となっ た。

かなり盛り上がって、3次会で飲んでいると、カミサンからメールが・・

 
件名:まだですか( ゜U。)?
何時まで飲んで
いるんですか?angryannoy
 
正直、眠いsleepyですcat
 

おお、ついこの間携帯のメール使えるようになったばかり
なのに、絵文字まで使ってる。と、少し感動しました。
というか、この間までカミサンの携帯メール機能が使えなかったのです。
なんというか携帯メールのやりとりって結構楽しいですね。
世の中には会話がなくてメールのやりとりしている夫婦もいそうです。

新しい支社勤務は毎日、新鮮な発見があって本当に楽しいです。
これが続くことを楽しみにしています。

4月 11, 2009 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/44640568

この記事へのトラックバック一覧です: 渋川問屋:

コメント

コメントを書く