« iPhoneの着信音 | トップページ | Hot Friday?! »

2009/05/26

HAARPと地下核実験

Haarp

一昨日の日曜日、ネットサーフィンをしていて、偶然HAARPというものが存在する事知りました。HAARPというのは、「高周波活性オーロラ調査プログラム」といって、アラスカにあるアメリカの高層大気研究プロジェクトのことです。以下にwikipediaよりHAARPに関する抜粋載せます。

高周波活性オーロラ調査プログラム(こうしゅうはかっせいオーロラちょうさプログラム、英: High Frequency Active Auroral Research Program、略称:HAARP)は、アメリカ合衆国で行われている高層大気研究プロジェクトである。
概要 :アラスカ大学と空軍、海軍、DARPAの共同研究であり、大出力の高周波を電離層に照射して活性化させ、電離層の挙動や無線通信等への影響を調査することが目的であると説明されている。照射施設はアラスカ州・ランゲル・セントエライアス国立公園の西にあるOTHレーダーの跡地に建設された。

議論:高周波の生体や大気圏への影響を懸念する意見がある。また無線通信の撹乱や人工衛星の破壊を目的とした軍事研究であるとの批判もある。

陰謀論:地震兵器や気象兵器として用いることが可能であり、アメリカ政府が他国を恫喝するのに用いているという説がある。

ネットサーフィンをしていると、昨年の岩手や宮城で起きた地震は、このHAARPによって引き起こされたのではないかという記事を多く見つけました。まさかねぇと思うけれど、完全に否定できないような状況証拠もあるみたいです。

そんなことを考えていたら、昨日、北朝鮮で地下核実験があり、マグニチュード5.3相当の地震を観測したという情報には、これって偶然なのと思って しまった。というのも、核開発よりもHARRPの方が脅威であるという記事も多く見つけたからです。それはそうだよね。温暖化ガスの増加につながるCO2 の排出を規制しようとしているのに、高層大気に働きかけて何かをしようとしているんだから・・。まーアメリカが京都議定書に加盟しない本当の理由がわかっ たような気がしました。

しかし、地球に直接影響を与えるHAARPや地下核実験って絶対に止めてほしいです。その影響がどのように波及するかわからない訳だから..。因果応報の法則は必ずあるんです。

5月 26, 2009 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/45132287

この記事へのトラックバック一覧です: HAARPと地下核実験:

コメント

コメントを書く