« 冷静と情熱のあいだ的スタンス | トップページ | 新型のあれ・・ »

2009/09/13

銀色週間と野村楽天

来週の9/20~9/23までの4連休(土曜日を含めると5連休)を誰が名付けたか知らないけれどシルバーウイークと呼ぶらしいですね。それなりに休めそうなので、良い骨休めになるなーと思っている訳ですが、子供に「ねぇ、シルバーウイークにはどこに連れてってくれるの?」と訊かれたりしますが、ボーナス減で余裕がないから遠くに行く予定いまのところありません。

ところで、このシルバーウイーク来年もあって欲しいなと思う訳ですが、さきほど次のシルバーウイークは2015年と知ってかなりガッカリしました。何でもよいから新しい休日作って銀色週間フォーエバーにして欲しいです。

プロ野球のパリーグクライマックスシリーズに向けて、盛り上がってきましたね。とりあえず東北楽天を応援している僕は、最近かなり超面白い訳ですが、野村 監督の心境はかなり複雑みたいです。空気的には前半までは、選手が育ってきた楽天では野村監督的には、ここでクラマックスシリーズに勝って、ファンと選手 から辞めるなコールが起こるのではないかという目測があった思います。

ところが、ファンも選手も独善的な監督に見切りをつけているので、監督のために勝とうなんていう気は少しもなくなり、一時連敗したこともありました。最近 の勝ちぶりと粘りはなんだか尋常でないもの感じます。たぶん選手は結果を残して、年棒を上げようとかCSに進出できたのは、監督の能力ではなく選手たちの 頑張りによるものであるところを証明したい(監督を見返したい)みたいなところが見られます。

監督と選手達のねじれた関係が微妙にミックスされて奇跡的な勝利が続いています。昨日の試合で、6対0から1点差まで詰め寄られて「うちの選手にが脚本家 がいっぱいいる。」と言ったのはうまい表現です。まー野村監督もだんだん空気を読めてきたというか、往生際を見極めたというか、昨日のコメント読んだら、 まー最後の花道を有終の美で飾ってみようかしらなどと思い始めたのかしらと思えます。銀色週間後半にCS選出決まりそうなら応援行こうかしら?

9月 13, 2009 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/46199125

この記事へのトラックバック一覧です: 銀色週間と野村楽天:

コメント

コメントを書く