« 初めての配当金 | トップページ | 自転車泥棒 »

2010/05/03

サヨナライツカ

1005030046

GW真っ盛りですね。今日は憲法記念日です。昔、好きだった人は「私は憲法記念日が誕生だけれど、悪いことばかりしているの。」が口癖でした。遠い過去ですが・・。

赤い表紙に白い題字が印象的な辻仁成(つじひとなり)さんの「サヨナライツカ」読みました。ひさびさの恋愛小説です。前半はかなりエロい場面もあったりして、こんな小説読んでいることまわりの人には知られたくないなーと思う場面がありましたが、後半はかなりせつないシーンがまっています。

というか読み終えた後に感じた感想は、この切ない感じはどこかで見た記憶があると思ったのですが、遠い記憶をたどるとそれは、スーパーマンを演じたクリス トファー・リーヴ主演の映画「ある日どこかで」を思い出しました。「サヨナライツカ」の25年という失った時と、「ある日どこかで」の60年という時空の 超越、かたや失恋、かたやSFと手法は違うものの、ヒロインの想いは全く同じなのです。

「サヨナライツカ」は中山美穂主演で、現在も上映館がありますが、だいたい4月に近県の映画館では上映を終えていますね。原作をもう少し早く読み終えてい たら、観たのにと悔やんでいます。いまほど「ある日どこかで」を検索したら、午前 10時の映画祭という企画で、近くの映画館でも秋に上映されること知りました。スクリーンでぜひ観たい映画です。

写真は自宅近くの今日撮影したしだれ桜です。いつもより見頃が2週間くらい遅くなっています。

5月 3, 2010 書籍・雑誌 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/48257071

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナライツカ:

コメント

コメントを書く