« 5 Days After | トップページ | 暑さ寒さも彼岸まで »

2011/03/19

なるようになる

Staticreuterscom

何らかのアクシデントで出口の見えないトンネルにいるのは、とてもつらいことですが、出口への光が見つかれば、そこがどんなに遠くても頑張れるものです。

福島第1原発事故 東京電力、19日中に2・4号機への送電線接続作業完了へ
--------------------------------
福島第1原発の外部電源の復旧作業を進める東京電力は、19日中に2号機と4号機に電線をつなぐ作業を終える見通し。東京電力は、19日午前中に2号機、午後に4号機への送電線の接続を完了したうえで、19日夜にもポンプなどの機器の点検作業に入る方針。
しかし、損傷している機器も多く、電気を通して問題なく機能するかは不透明で、冷却機能回復には時間がかかる見込み。また東京電力は、数人の作業員が、放射線の被ばく量で10万マイクロシーベルトを超え始めていることを明らかにした。この値は、人が1年間に自然界から受けるとされる放射線量のおよそ40倍にあたる。一方、原子力安全・保安院は、第1原発の1・2・3号機の事故について、原子力事故の国際評価尺度に基づき、「レベル5」と評価した。レベル5は、アメリカのスリーマイル島原発事故と同じレベルで、国内では最悪となる。また、保安院は、18日の自衛隊による3号機での放水作業後に観測された放射線量が、一時的に増えたことを明らかにした。放水作業直前の18日午後1時50分に、敷地内で3,484マイクロシーベルトだった放射線量は、午後3時半に同じ場所で4,075マイクロシーベルトに増えているという。保安院は、放水された水が効果的にプールに入ったことで、放射性物質を含む水蒸気が発生したためではないかと推測している。
(03/19 07:08)
--------------------------------

冷却装置さえ、回復すれば最悪の事態は収まるはずなので、日本の危機管理と高い技術力ぜひ見せてほしいと思っています。

ところで、わが住む町は震災の損傷は少ないのですが、ガソリンや灯油はなかなか流石に手に入らず、生活物資はかなり不足していて非常事態な雰囲気を醸し出 している訳なのですが、それでも被災した他の地域から見ればはるかに良いと聞きビックリします。すでに食料不足が深刻で、ゴーストタウン化している場所もあると聞きます。

我が家では両親がこまめにスーパーに出向き、食材など購入してくれるので本当に助かります。避難所にいる人は救援物資の補給がありますが、親戚や知人を迎 え入れた家庭では、自分で家族や避難民の物資の確保をしなくてはいけないので、それはそれでかなりたいへんです。会社の仲間では親戚3家族を受け入れ、 17人で共同生活を送っている人もあり、頭が下がります(その人は、我が家も避難所みたいなものだと嘆いています)。

最後に選抜高校野球が予定通り開幕できて良かった。高校球児のはつらつとしたプレーを早くみたいです。

3月 19, 2011 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41585/51158680

この記事へのトラックバック一覧です: なるようになる:

コメント

コメントを書く